“毒ギョーザ”1カ月隠蔽…福田、国民軽視で外交優先

ZAKZAK 2008/08/06

 福田康夫内閣の「国民軽視」「媚中外交」がまた露呈した。中国製毒ギョーザ事件で、製造元「天洋食品」(河北省)のギョーザを食べた同国内の中国人が同様の中毒症状を起こしていたことが6日、分かった。中国側はこうした事実を7月初め、日本側に通告していたが、日本政府は一切発表していなかった。中国への外交的配慮を優先させて、福田首相は国民の生命や健康を軽視したのか。民主党は「内閣の隠ぺい体質は許せない」と追及する構えだ。

 「極めて重大な問題だ。福田内閣が、国民に当然知らせるべき情報を隠していた。こうした隠ぺい体質は絶対に許されない。現在、国会は閉会中だが、閉会中審査を開くことも検討しなければならない」

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は6日午前、夕刊フジの取材にこう語った。

 関係筋によると、今年1月に毒ギョーザ事件が発覚した後、天洋食品は中国国内にあった冷凍ギョーザを回収した。

 その後、この冷凍ギョーザは中国国内の流通ルートに乗ったが、6月中旬、ギョーザを食べた中国人が有機リン系農薬「メタミドホス」による中毒症状を訴えたという。

 被害者の人数や詳しい症状などは不明。

 毒ギョーザ事件では、これまで日中双方の警察当局が自国内でのメタミドホス混入を否定してきた。今回、日本に輸出されていないギョーザから農薬が検出されたことで、中国国内で混入したことが確実となった。

 中国側が「日本での混入」を示唆してきた以上、消費者には食の安心に関わる極めて必要な情報だ。

 ここで見逃せないのは、福田内閣の姿勢だ。

 関係筋によると、中国側は7月初め、外交ルートを通じて、日本側にこの新事実を通告し、中国での農薬混入の可能性を示唆したという。だが、福田内閣は読売新聞が6日朝刊で伝えるまで、こうした事実を一切隠していたのだ。

 政府高官は6日午前、今回の問題について記者団から聞かれ、「コメントはしません」と突っぱねた。

 福田首相は同日午前、平和記念式典への出席のために訪れた広島市内での会見で、中国国内の中毒事故といった事実確認を避けながら、「中国が捜査中なので、わが国の捜査機関と意見交換を行っている。捜査上の問題もあり、説明するわけに行かないが、進行中であるとご理解いただきたい」と述べるだけだった。

 一連の事実を発表しなかったことについて、永田町関係者は「中国側の通告時期が、北海道洞爺湖サミットの直前というのがポイントだ。当時、福田首相は自民党保守派などから、オブザーバー参加する中国の胡錦濤国家主席に対し、『毒ギョーザ事件やチベット問題について、国益を見据えた主張をせよ』と迫られていた。通告直後に公表すれば、火に油を注ぎかねないと意図的に隠したのではないか」と話す。

 閣僚経験者は「今回の情報は、外務省も警察庁も把握していたらしく、(情報を)止められるのは官邸しかない。福田首相は東シナ海のガス田問題でも、領土・領海問題をあいまいにしたまま中国側に有利な条件で決着させた。首相は靖国参拝について『相手の嫌がることはしない』と語っていたが、また中国に配慮したとしか思えない」と指摘する。

 福田首相や内閣にどんな理由があったにせよ、国民の生命と健康にかかわる「食の安全」についての重大情報を隠ぺいした事実はぬぐい去れない。

 北京五輪の開会式が行われる8日朝、福田首相は航空自衛隊のU4多用途支援機で訪中し、胡国家主席や温家宝首相と会談する。国民が一連の事実を知ってしまった以上、福田首相が国益を見据えた主張ができなければ、内閣改造で微増した支持率が急落することは避けられそうにない。

 前出の鳩山氏は「福田内閣は先日も米原子力潜水艦の放射能漏れを隠していたことが発覚したが、一体、誰のために政治を行っているのか。福田首相は最近、消費者保護の観点から『消費者庁』創設などを掲げているが、本気で国民や消費者のことを考えているとは思えない」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-06 23:59 | 政治  

<< 世界の旅客便、6000万席減も... 「五輪成功のため我慢」 四川大... >>