補助金支給の会社から寄付 山本一太副大臣の党支部

2008/08/07 22:01 共同通信

f0013182_059230.jpg 自民党参院議員の山本一太外務副大臣が代表を務める党群馬県参院選挙区第3支部が2004-06年に、国土交通省所管の独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」が補助金を支給している上信電鉄グループ(群馬県高崎市)から毎年10万円ずつ計30万円の寄付を受けていたことが7日、分かった。

 政治資金規正法が寄付を禁止しているのは、国が補助金交付を1年以内に決定している会社。ただ機構には04年度以降、国交省が毎年3000億円以上の補助金を交付している。

 同支部は「公的な支援を受けている会社との認識はなかった。違法と言えなくても疑わしく思われかねないので、議員本人と相談して返還を検討したい」としている。

 国交省関東運輸局によると、上信電鉄は機構から03年度に約5000万円、04年度に約4300万円、05年度に約2100万円の交付決定を受けた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-07 22:01 | 政治  

<< 粘着テープの場所取り、各地で問... ニッポンコール、ため息に=「完... >>