首相「適切でない」=農水相発言で波紋

8月11日19時49分配信 時事通信

 食の安全に関し「消費者がやかましい」とした太田誠一農水相の発言をめぐって11日、政府・与党内で波紋が広がった。福田内閣が掲げる「国民目線の行政」の否定につながりかねないだけに、発言の影響を懸念している。

 首相は同日午後、記者団を前に「消費者がやかましいなんて言うんだったら、あんまり適切な言葉ではないと思う」と苦言を呈した。同時に「日本の消費者は世界的に見ても、厳しい選択眼を持っている。内閣として消費者行政をしっかりやっていかなければならない」と強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 19:49 | 政治  

<< 北京米人殺害事件:自殺した容疑... 中国核実験46回 ウイグル人医... >>