日航機墜落事故から23年、遺族ら鎮魂の灯籠流し

8月11日23時53分配信 読売新聞

 520人の命が奪われた日本航空のジャンボ機墜落事故から、12日で23年。現場となった群馬県上野村・御巣鷹の尾根のふもとを流れる神流(かんな)川では11日夕、遺族らによる灯籠(とうろう)流しが行われた。

 東京・羽田の日航安全啓発センターではこの日、遺書以外では初の遺品の公開も始まった。

 亡き人への思いなどを書き込んだ300個の灯籠が川面に揺れ、遺族らは事故で犠牲となった歌手坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」を合唱し、鎮魂と安全への祈りをささげた。

 事故で父・孝之さん(当時29歳)を亡くした関西学院大学4年の小沢秀明さん(22)は、当時は母親のおなかの中だった。遺族を代表し、「こうした事故が二度と起こらないよう、また風化させないように若い世代に伝えたい」とあいさつした。

 一方、安全啓発センターに新たに展示されたのは、17点の遺品。墜落時刻の「午後6時56分ごろ」を指したまま止まっている五つの腕時計、レンズが外れて大きく曲がった眼鏡フレーム、楕円(だえん)に変形したカメラレンズなど、いずれも墜落の衝撃を物語っている。日航が保管する持ち主がわからない遺品は約2700点に上る。遺族に公開した後、18日以降、一般にも公開する。同センターは予約制。問い合わせは同センター(03・3747・4491)。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 23:53 | 社会  

<< 当局の拘束理由「記者の取材逸脱... <五輪テニス>天才少年、壁厚く... >>