太田農相の発言要旨 日本の消費者やかましい

2008/08/10 20:17 共同通信

 太田誠一農相の10日の「食の安全」に関する発言要旨は次の通り。

 評論家のようなことを言うようだが、社会主義の国と日本のような民主主義の国は違う。消費者としての国民がやかましくいろいろ言うと、それに応えざるを得ない。中国のように、基本的には何も教えなくてよい、まずいことがあっても隠しておいてよい、消費者のことを考えないでもよいという国とは違い、常にプレッシャーにさらされている。特に日本の場合は潔癖だから、基本的に私は食の安全というのは国内は心配しなくてもよいと思っている。ただこの数年間、トレーサビリティー(生産履歴)やHACCP(総合衛生管理製造過程)の仕組みがだんだん定着してきたので、それを進めていきたい。食の安全については、今でも日本は安心なんだけれど、消費者や国民がやかましいから、さらに徹底してやっていく。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-10 20:17 | 政治  

<< 民族問題の根深さ、世界に印象づ... 軍政が弁護士との面会許可 ス... >>