自民・武部元幹事長「構造改革、さらなる推進を」

2008年8月13日22時8分 朝日新聞

 自民党の武部勤元幹事長は13日、自らが主宰するグループ「新しい風」の研修会で「いま自民党が駄目だと言われるのは、改革が後退してしまっているからだ」と述べ、小泉元首相が打ち出した構造改革の推進を訴えた。衆院解散・総選挙の時期については「小泉元首相が(郵政民営化を掲げて)解散した時のように、どうしても国民に信を問いたい問題に直面したら、情勢はどうあろうとも直ちに決断して国民の声を求めるべきだ」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-13 22:08 | 政治  

<< インドネシア警察、大麻を密輸し... 「ブッシュはグルジア紛争の傍観... >>