「ポスト福田には麻生幹事長」 森元首相が言及

8月17日17時34分配信 産経新聞

 自民党の森喜朗元首相は17日、テレビ朝日の報道番組で、麻生太郎幹事長について「麻生人気はわが党として大いに活用しなければいけない。『次は麻生さんに』という気持ちは党内に多い。私ももちろんそう思っている」と述べ、「ポスト福田」に麻生氏がふさわしいとの考えを示した。

 また、森氏は1日の内閣改造に自らが深く関与したことを認めた上で、7月30日に麻生氏に電話し「次期衆院選で負ければ出番はなくなる。前面に立つことはあなたのためにもなる」と述べ、幹事長就任を打診したことを打ち明けた。

 一方、森氏は「衆院は来年9月まで任期があるのだから、それを無駄にしてはいけない」と指摘し、公明党が求める年内解散に否定的な見解を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-17 17:34 | 政治  

<< <五輪陸上>世界との差を痛感 ... <北京五輪・関連>自前Tシャツ... >>