中川秀氏「新特措法で解散も」

8月20日8時0分配信 産経新聞

 自民党の中川秀直元幹事長は19日午後、神奈川県箱根町のホテルで開かれた町村派の研修会で、海上自衛隊によるインド洋での補給活動を1年間延長する新テロ対策特別措置法改正案について「秋の臨時国会の最大の焦点だ。民主党が法案成立に抵抗するのなら、日本が国際貢献をする国家でいくか、テロに屈服する国家でいくかを福田康夫首相の手で堂々と民意に問わなければいけない」と語り、衆院解散・総選挙も視野に、成立を期すべきだとの考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 08:00 | 政治  

<< 「自由チベット」訴え拘束 北京... オバマ氏の対日政策顧問団 モン... >>