PCIを2年間指名停止=ベトナムODA贈賄事件で-外務省

2008/08/15-12:14 時事通信

 高村正彦外相は15日の閣議後の記者会見で、ベトナムでの政府開発援助(ODA)事業をめぐる贈賄事件で前社長らが不正競争防止法違反で逮捕された大手建設コンサルタント「パシフィックコンサルタンツインターナショナル(PCI)」について、外務省が手掛ける無償ODAに関し、2年間の指名停止処分にする方針を明らかにした。同省の内規上、不正が特に悪質な場合に適用できる最大限の処分で、ODA事業に対する国民の信頼を大きく失墜させる事態に至ったことを重視したとみられる。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 12:14 | 行政・公務員  

<< <終戦記念日>無宗教の追悼施設... 太田農水相、修正・撤回せず=「... >>