民主代表選、無投票を批判=自民・麻生、古賀氏

8月23日17時49分配信 時事通信

 自民党の麻生太郎幹事長は23日、鹿児島市内で講演し、小沢一郎代表の無投票3選が事実上確定した民主党代表選について「(候補者が)出たかったにもかかわらず、出られなかった。小沢代表について疑問に思っていることを堂々と言えないのは、開かれた国民政党か」と批判した。

 また、同党の古賀誠選対委員長も同日、札幌市内で行われた次期衆院選公認内定者の事務所開きで「選挙に勝つためなら政策論争さえ封じ込め、代表選挙も行わない。民主主義の進化のためにあまりいいことではない」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-23 17:49 | 政治  

<< 「この期間だけ調子が悪かった」... 得たものはない=和田 >>