ダム無ければ「水害やむなし」=川辺川で「考え方」提示-国交省

2008/08/25-20:59 時事通信

 国土交通省九州地方整備局は25日、熊本県南部の球磨川水系河川整備計画原案の基本的考え方を示した。それによると、洪水調節には川辺川ダム(相良村)建設が必要で、建設しない場合は「(人吉市など)流域住民は水害を受忍せざるを得ない」として、同ダムの必要性を改めて強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-25 20:59 | 行政・公務員  

<< パキスタン、タリバーンを非合法... カシュガル旧市街に取り壊し通告... >>