国立病院汚職 ヤマト社が麻生幹事長に献金

2008/8/24 10:00 日刊ゲンダイ

 自民党の麻生太郎幹事長(67)と病院汚職で摘発された会社の女社長とのカネ絡みの怪しい関係が浮上した。

 国立リハビリセンター発注の贈収賄事件で、贈賄容疑で逮捕された久保村広子(75)が社長を務める医療機器販社「ヤマト樹脂光学」から麻生氏の資金管理団体が95〜06年の12年間に総額370万円の献金を受けていた。朝日新聞によると、麻生氏は外相時代の昨年6月、この会社の創立40周年と本社第2ビル完成記念パーティーにも出席。そこで「最近えらく儲かって六本木ヒルズに行ったと思ったらパクられるなんてのはいっぱいいますから、大事ですよ、きちんと仕事をしていくというのは……堅実な商売をしている久保村さんのやっている仕事にお力をたまわりますように」などと女社長の経営手腕を褒めちぎったという。

 この会社は今回の贈収賄で摘発される前の今年7月、コンタクトレンズ消毒液の使用期限を偽装していた疑いも発覚。今月11日、約226億円の負債を抱えて破産手続きの開始決定を受け、売り上げを6倍以上粉飾していた事実も判明した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-24 10:00 | 政治  

<< 加護亜依、一部報道に法的処置を検討 ダル、上原の熱意奪う投手起用に... >>