「背信行為だ」「やっぱり」 姫井、大江議員の地元に波紋

8月28日22時7分配信 産経新聞

 「背信行為だ」「やっぱりか」-。参院岡山選挙区選出の姫井由美子議員らが28日、民主党を離党し新党を結成したことを受けて、地元には波紋が広がった。

 この日、岡山県連は定例常任幹事会で今回の対応について協議。出席した同党衆院議員、津村啓介県連代表は「今回の姫井議員の行動は自民党政権の延命に力を貸すものであり、政権交代に期待して選挙で1票を投じた有権者に対する背信行為だ」と厳しく批判。

 さらに、「公認を決めた県連の責任者として、有権者に多大なご心配をおかけしていることに心からおわびしたい」と述べた。

 姫井議員は昨年7月の参院選で前自民党参院幹事長の片山虎之助氏を破って初当選。ただ、当選後は複数の週刊誌に金銭トラブルや私生活の記事が相次いで掲載され、県連は厳重注意処分を出していた。

 一方、民主党比例選出の大江康弘議員の地元、和歌山県連の関係者は「今までの行動をみていればやっぱりか、という印象」と大きな驚きはなかった。

 大江議員は、合併で自由党から民主党へ入った当初は県連の相談にもよく応じていたが、最近では距離を置いていた。道路特定財源の暫定税率廃止に反対を表明して以降は地元との対立は決定的になったという。

 〆木(しめき)佳明県連幹事長は「有権者に対する裏切り行為だ」と強調。自民党県連の下川俊樹幹事長は「こうなる可能性はあった。大江氏から相談があれば、話を聴いていきたい」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-28 22:07 | 政治  

<< 550万円裏づけできるか 太田... <民主党>3氏離党で攻勢前に痛... >>