姫井議員:不倫「ひとつのいい思い出」 告白本「姫の告白」の発売サイン会

2008年1月10日 毎日新聞

 民主党の姫井由美子参院議員(48)が10日、東京・丸の内の書店「丸善」で開かれた告白本「姫の告白」(双葉社)の発売サイン会にピンクのはっぴ姿で登場した。詰めかけた記者団から、一部週刊誌で報道された元高校教師との不倫の事実の有無を問われると、「本を買っていただければ分かります」とはぐらかしたが、同書では「ひとつのいい思い出」と認めている。

 姫井議員は執筆について、「夢を実現するため頑張っている人へのエールを込めた」といい「瞬間、瞬間の積み重ねが人生。悔いのないよう瞬間を大事にしていきたい」と語り、約200人の購入者に笑顔でサインをしていた。

 「姫の告白」は、姫井議員の生い立ちや永田町の暴露話などを収録。世間を騒がせた不倫騒動についても「相手は何事にも『有言実行』される方なので……そんな男性に惹かれてしまうのは昔からの私の“癖”なのです」「噂になった方に出会い惹かれたことは、後悔していません」などと言及している。シンデレラ姿などのコスプレをした写真付き。【松本修】
[PR]

by deracine69 | 2008-01-10 23:59 | 政治  

<< 「不都合な真実」9つのウソ <岩国市長選>基地移転反対の前... >>