「改革クラブ」政党要件を満たせず

2008年8月30日06時02分 スポーツ報知

 「これまで通り民主党参院議員として頑張ります」―。新党「改革クラブ」への参加を表明していた姫井由美子参院議員(49)は29日夜、民主党本部で記者会見し、新党参加見送りを表明。民主党に提出していた離党届は撤回した。同日午後、渡辺秀央元郵政相らが開いた新党旗揚げ記者会見をドタキャン。姫井氏の裏切りで、改革クラブは5人以上の国会議員所属を前提とする、政治資金規正法上の政党要件を満たさぬことになり、発足早々に頓挫しかねない情勢となった。

 この日昼過ぎに行われた「改革クラブ」結党会見。代表の渡辺秀央元郵政相ら4氏の横に設けられた「党紀委員長・姫井由美子」の席は誰も座ることはなかった。

 「気持ちが変わったなんてことはない」と渡辺代表は会見を強行。姫井氏に事故があったことも想定し「警視庁にも捜査をお願いした」ほどのドタバタをみせた。だが夕方、裏切りを知るやトーンダウン。「そういうことならしょうがない。どうぞ(民主党で)頑張ってください」と話した。

 国会議員が4人となってしまったため「改革クラブ」は、政治資金規正法などが定める政党要件を満たせず、政党交付金や企業献金は受け取れない形に。それでも「新党の旗は降ろさない。政党要件を整えるべく来週から努力する」と渡辺氏は、言い切った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-30 06:02 | 政治  

<< 小沢氏、11月訪中計画 2人刺され死亡、車トラブルか…... >>