太田農水相 親族企業に事務所費 11年間で3647万円

8月31日8時0分配信 産経新聞

 太田誠一農水相が代表を務める自民党福岡県第3選挙区支部(福岡市早良区)が、太田氏が顧問を務める親族企業に対し、平成8~18年に計3647万円の家賃を支払っていたことが分かった。

 同支部は8年以降、太田氏の祖父が創設した不動産会社「九州勧業」(同市博多区)に事務所を置き、家賃として毎年94万~378万円を支払っていた。太田氏は15年の衆院選で落選後、農水相就任直前まで同社の顧問を務めていた。

 太田氏は30日、福岡市内で記者団に「法令にのっとった対応であり、家賃は適正だ。もっと安くしてほしかったが、安くしてくれなかった」と説明した。

 一方、先に発覚した政治団体「太田誠一代議士を育てる会」の事務所費問題について、太田氏は同日、同市内で開かれた県連セミナーであいさつし、「誠に不徳の致すところでおわび申し上げたい」と陳謝した。記者団には「法令上は何の問題もない。29日にすべての書類を公開したのでそれを見て判断してほしい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-31 08:00 | 政治  

<< アフガン拉致事件 外務省やっぱ... 声明を読み上げる荒井幹事長 >>