民主・小沢代表「麻生はやりやすい 一刻も早く解散を」

2008年9月2日12時9分 朝日新聞

 民主党は2日午前、党本部で小沢代表、鳩山由紀夫幹事長、山岡賢次国会対策委員長らが今後の対応を協議した。小沢氏は「野党に政権を譲るよう主張していく。(次の内閣は)選挙管理内閣なんだから、一刻も早く解散をして信を問うことを求める」と幹部らに指示。代表選が無投票の場合、21日の臨時党大会までに第1次公認内定者を発表することを確認した。小沢氏は「麻生はやりやすいぞ」とも語ったという。

 これに先立ち、山岡氏は国会内で記者団に「すぐに解散するのか、それとも補正(予算)などをあげてから解散するのか、様々なケースが考えられる。相手の出方もあるので、それらを見たうえで判断することになる」と語った。国会召集日については「12日より遅れるのは間違いない。25日前後になるのではないか」と述べた。

 また、自民党が福田首相の後継を選ぶ総裁選を民主党代表選の日程(8日告示、21日投開票)に近づけ、小沢氏の無投票3選が固まった民主党代表選より注目を集めようとしているとみられることについて、鳩山氏は記者団に「ぶつけてきたな、という思いはあるが、冷静に我々は我々の代表選をやればいい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-02 12:09 | 政治  

<< <日中韓首脳会談>首相退陣表明... 麻生氏、総裁選出馬を表明 臨時... >>