「まさか」「またか」=「議員辞めよ」-首相辞意表明で知事ら

2008/09/02-00:40 時事通信

 福田康夫首相の辞任表明について都道府県知事は1日、批判や驚きの談話を発表した。秋田県の寺田典城知事は「無責任の一言に尽きる。首相を辞任するのであれば、国会議員も辞めるべきと思う」と厳しく批判した。

 佐賀県の古川康知事は「臨時国会や総合経済対策を控えたこの時期の退陣表明に、『正直、まさか、またか』という思い」、東国原英夫宮崎県知事は「国民生活や企業経営が極めて厳しい状況下で、政治の空白ができてしまうことを大変憂慮している」とした。

 兵庫県の井戸敏三知事は「ねじれ国会の厳しさに新展開の途(みち)を求められたのだろう」、大阪府の橋下徹知事は「相当、歳出増の圧力があったのかと思う」と同情を寄せた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-02 00:40 | 政治  

<< 後継総裁、選挙か話し合いか=衝... 首相退陣表明:「安倍氏とは違う... >>