民主・鳩山氏「埋没に危機感」

9月4日15時33分配信 産経新聞

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は4日午前、ニッポン放送の番組で、福田康夫首相辞任に伴う自民党総裁選により、民主党が埋没するとの見方に対し「その危機感を持って臨んでいる。メディアジャックされた中でわれわれの存在感をどうやって示すかということは大きな命題だ」と語った。ただ、民主党代表選でも、小沢一郎代表の対抗馬を立てて選挙戦を行うべきだという声があることについては「民主党のトップは(参院選や衆院山口補選などの)選挙で勝ち続けている。企業でも社長がいい仕事をやっているときに代えなさい、とはならない」と反論。意図的な選挙戦を行うべきではないとの姿勢を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-04 15:33 | 政治  

<< タイ首相、辞任も解散も拒否 内... 楽天・野村監督が続投へ…最下位... >>