政権渡すのが常道=「自民終えんの始まり」-民主

9月10日12時55分配信 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は10日午後、自民党総裁選に関し、都内で記者団に「憲政の常道を考えれば、首相が2代続けて政権を放り投げたのだから、野党に政権を渡し、すぐ衆院解散・総選挙をするのが筋だ。総裁選をするなら、国益を損なっていることへの反省の弁からスタートすべきだ」と批判した。その上で、「民主党は一致団結し、どういう国を築くか国民にしっかり伝えていく」と強調した。

 また、民主党の山岡賢次国対委員長は、国会内で記者団に「自民党の自民党による自民党のためのお祭りショーだ」と指摘。「小泉劇場の二の舞いにはしたくないというのが国民の本心だ。きょうの(総裁選の)幕開けは自民党の終えんの始まりだ」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-10 12:55 | 政治  

<< 川に汚泥流出、清掃会社捜索=コ... 伊調千春が引退を撤回 >>