「残念、意外だった」=ダム代替案求める-自民熊本県連幹事長

9月11日12時32分配信 時事通信

 蒲島郁夫熊本県知事が11日の県議会で、国営川辺川ダム(相良村)建設に反対する意向を表明したことについて、ダム建設推進の姿勢を示していた自民党県連幹事長の前川収県議は記者団に対し、「知事の気持ちは伝わったが、意外だった。残念に思う」と述べた。その上で「速やかに、ダムの代替案を提示してほしい」と求めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-11 12:32 | 政治  

<< <軽犯罪法違反>天皇家批判の映... ウナギの産地偽る 銀座の業者捜... >>