民主、女性アナ擁立へ 愛媛1区

9月12日7時51分配信 産経新聞

 次期衆院選の愛媛1区(松山市)で、「自民現職の塩崎恭久元官房長官(57)に勝てる候補の擁立」を急いでいた民主党は、松山市在住の民放の女性アナウンサー(48)に白羽の矢を立て、出馬要請に向けて小沢一郎代表が15日に同市を訪れ、党公認候補として出馬を正式に要請することが11日、分かった。

 女性アナウンサーが要請を受けるかどうかは不透明だが、同党関係者によると「手応えがあっての小沢代表の訪問だ」としている。同社関係者は「本人の判断次第」としているが、女性は同社の看板アナウンサーで県内では知名度も高く、出馬すれば塩崎元官房長官への有力な対抗馬となる。

 同選挙区では塩崎元官房長官のほか、共産新人で党県常任委員の田中克彦氏(41)の2人が立候補を予定。民主党は現職に勝てる候補として、昨年来、松山市長の中村時広氏(48)に秋波を送っていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-12 07:51 | 政治  

<< 奈良「正論」懇話会 佐々淳行氏... ラマダン中に「断食するな」 中... >>