太田農水相政治団体 19年分は177万円

9月17日16時4分配信 産経新聞

 事務所経費問題が浮上していた太田誠一農水相の政治団体「太田誠一代議士を育てる会」が、平成19年分も東京都内の秘書官宅を事務所として届け出て、事務所費約177万円を含む経費約1142万円を計上していたことが17日、東京都選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書で明らかになった。

 報告書によると、「育てる会」は目黒区内の秘書官の自宅を「主たる事務所」として届け出て、事務所費のほか、人件費約662万円、備品・消耗品費約303万円を計上していた。

 太田農水相の事務所は産経新聞の取材に対し、「『育てる会』の活動は議員会館や(選挙区の)福岡事務所でも適宜行われており、同会の政治活動費用分として認めた経費を計上した。ただ、懸念を招いたことは申し訳ないと思っており、主たる事務所は選挙区の福岡事務所に異動させる届け出をした」と回答した。

 「育てる会」は秘書官の自宅を事務所としながら、平成17、18年の2年間で、2000万円以上の経費を計上。

 太田農水相が経費の支出を証明する領収書を公開して、釈明するなどしていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-17 16:04 | 政治  

<< 政策評価、自民を上げ民主は下げ... 民主党・国民新党が合併へ…綿貫... >>