「最低賃金時給千円に」「マイ年金手帳」 社民政権公約

2008年9月18日20時18分 朝日新聞

 社民党は18日、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)を発表した。「与野党逆転で平和・安心の社会を」をキャッチフレーズにし、雇用や社会保障、農業、税財政などの改革に力点を置いた。

 雇用対策では、最低賃金を時給千円に引き上げる。登録型派遣を原則禁止し、派遣業種を限定するため、労働者派遣法を改正する。社会保障改革では、助産師を集めた助産院(バースセンター)を増やすほか、「マイ年金手帳」を創設するという。

 赤字国債や消費税の引き上げには頼らないとし、財源には(1)特別会計の不要な積立金(40兆円)(2)不公平税制の是正(4兆円)(3)道路特定財源の一般財源化(2兆円)(4)公共事業などの無駄の排除(1兆円)――を挙げた。

 このほかの主な内容は次の通り。

 【社会保障】自治体病院など地域拠点病院を維持▽医療保険を一元化▽介護労働者の賃金引き上げ【農業】農家への直接所得補償制度▽強制減反せず小麦の20%を米粉、飼料の30%を飼料米でまかなう【税財政】飲食料品にかかる消費税額の戻し金制度(夫婦子ども2人の世帯で最高4万円)▽定額減税(同世帯で約10万円)【憲法・安保】憲法9条の堅持▽自衛隊海外派遣の恒久法制定に反対。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 20:18 | 政治  

<< 全日空端末ダウン、システムの「... イチロー 内野安打で200安打達成 >>