民主、国民新の合併見送り=小沢、綿貫両代表が確認

9月19日17時9分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎、国民新党の綿貫民輔両代表は19日午後、電話で会談し、次期衆院選前の両党の合併を見送ることを確認した。「吸収合併」を目指す民主党と、「対等合併」にこだわる国民新党との主張が大きく隔たり、早期の合意は困難と判断した。

 電話で綿貫氏は、合併協議に入る条件として(1)両党を解党し、新党を結成する(2)新党名は「民主党」以外とする-ことを提示したが、小沢氏からは明確な回答がなかった。このため、綿貫氏は「あいまいな話では駄目だ。今までの協力を続けていこう」と、合併構想を白紙に戻すことを提案。小沢氏も「仕方がない」と受け入れた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 17:09 | 政治  

<< 鈴木宗男氏、国民新党系の会派入り 薬害肝炎訴訟が全面解決へ=田辺... >>