外国人記者に語学力アピール=石破氏除く4候補-自民総裁選

9月19日21時59分配信 時事通信

 自民党総裁選の候補者が19日、都内の日本外国特派員協会でそろって記者会見。石破茂前防衛相を除く4候補は流ちょうな英語を披露し、それぞれ語学力をアピールした。

 慶大在学中にニューヨークに留学した石原伸晃元政調会長は冒頭から英語で「今後3年間で集中的な改革を進める」と決意を表明。カイロ大卒業でアラビア語も使いこなす小池百合子元防衛相は「英語でやる」と前置きし、「初の女性候補として努力したい」と力を込めた。

 米スタンフォード大学院などに在籍した麻生太郎幹事長はもっぱら日本語で質問に答えたが、さりげなく英語で質問者に聞き返す場面も。外交官だった父親の関係でカイロ郊外の英語学校に通った与謝野馨経済財政担当相は冒頭、英語で「ここにいる方が英語が理解できるかどうか分からないので」とジョークを飛ばし、後は日本語で通した。

 石破氏は静かな口調の日本語で、新テロ対策特別措置法の延長の必要性などを語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-19 21:59 | 政治  

<< <産地偽装>山形産を「前沢牛」... <松本引越センター>民事再生法... >>