<自民総裁選>22日に投票 麻生氏選出が確実な情勢

9月21日1時6分配信 毎日新聞

 自民党総裁選は22日、所属国会議員と都道府県連代表による投票が行われる。麻生太郎幹事長(68)が議員票、地方票とも他候補を圧倒しており、新総裁に選出されるのは確実な情勢。2位以下は与謝野馨経済財政担当相(70)がリードし、石原伸晃元政調会長(51)、石破茂前防衛相(51)、小池百合子元防衛相(56)が追う展開で、麻生氏への批判票をどれだけ集めるかも焦点となる。

 新総裁は23日中に公明党との政権協議で連立維持を確認。24日の衆参両院本会議での首相指名選挙を経て新首相に選出される。【犬飼直幸】


官房長官に大島氏有力、幹事長に町村氏の名も…麻生氏構想
9月21日3時3分配信 読売新聞


 自民党総裁選で選出が確実な麻生太郎幹事長は、新政権発足に向け、党役員人事・閣僚人事の検討を進めており、官房長官には大島理森国会対策委員長の起用が有力となっている。

 党役員については、幹事長に町村信孝官房長官の名前が挙がっているほか、保利耕輔政調会長、笹川尭総務会長、古賀誠選挙対策委員長は再任の方向だ。

 複数の麻生氏周辺が20日、明らかにした。

 麻生氏は22日に新総裁に選出されれば、直ちに党役員人事に着手し、24日の国会での首相指名を経て、同日中に新内閣を発足させる方針だ。官房長官に有力な大島氏は、高村派に所属し、麻生氏と所属派閥が異なる。だが、麻生氏が立候補したこれまで4回の総裁選で、いずれも麻生氏を支持するなど、麻生氏とは盟友関係にある。

 党四役人事について麻生氏は、次期衆院選を控えていることから、これまでの選挙体制を基本的に維持する考えだ。

 麻生氏が抜けた後の幹事長には、挙党態勢に配慮して党内最大派閥・町村派の代表世話人を務める町村氏を推す声が強いが、選挙の顔」として、石原伸晃・元政調会長を推す声もある。


<麻生氏構想>「大島官房長官」で調整 組閣・役員検討着手
9月21日2時30分配信 毎日新聞

 自民党総裁選で当選が確実な情勢になっている麻生太郎幹事長は20日、新政権の組閣と党役員人事の検討に着手した。内閣の要の官房長官は大島理森国対委員長の起用で調整。また、経済対策重視の観点から、総裁選に立候補している与謝野馨経済財政担当相を再任する方向だ。

 麻生氏は総裁に選出される22日中に党役員人事、新首相に選出される24日中に組閣を行う考えだ。

 党役員人事では現行の四役体制を維持。自身の後任の幹事長は町村信孝官房長官、二階俊博経済産業相らを軸に検討している。また、次期衆院選を考慮し、古賀誠選対委員長、菅義偉選対副委員長は再任の方向だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-21 01:06 | 政治  

<< 中国のIT製品情報開示制度、A... 民主と国民新、党名変更合意も「... >>