推薦人の丸山議員もギブアップ?「与謝野氏の勝利は富士山が爆発しないと厳しい」

9月21日8時2分配信 スポーツ報知

 自民党総裁選で与謝野馨経財相(70)の推薦人に名を連ねている丸山和也参院議員(62)が20日、都内で演説し、与謝野氏の勝算について「富士山が爆発しないと厳しい」との見方を示した。

 麻生幹事長が優勢とされている総裁選。丸山氏も「消化試合と言われ、しらけている。その中でも真剣に選ばないといけない」と総裁選の意義を訴えた。だがほかの候補者について語ると“丸山節”全開。名指しはしなかったが「ジトーッとした目で防衛語る人がいる。親の七光と言わず“八光”の東京の若い会長もいる」と言いたい放題。演説後も「(与謝野氏の)選対はおとなしすぎる。太蔵? あの人は番外みたいなもの」と毒舌は止まらなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-21 08:02 | 政治  

<< 「日本を変えるラストチャンス」... 南ア大統領、辞任へ ANC退陣... >>