自民総裁に麻生氏=新首相、24日指名-351票で圧勝・自民党総裁選

2008/09/22-16:30 時事通信

 自民党総裁選は22日午後、党本部で開かれた両院議員総会で、党所属国会議員と各都道府県連代表による投票が行われ、麻生太郎幹事長(68)を第23代総裁に選出した。麻生氏は他の4候補を大差で破った。麻生新総裁の任期は、退陣する福田康夫首相の残任期間である2009年9月まで。福田内閣は24日に総辞職し、麻生氏は同日召集の臨時国会で第92代、59人目の首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる考えだ。

 麻生氏は総裁就任のあいさつで、「次期総選挙で民主党に勝って、初めて天命を果たしたことになる。先頭に立って戦う決意を新たにしている」と衆院選勝利に全力を挙げる考えを表明。また「(総裁選で戦った)5人の間の対立はこの瞬間に終わっている」と党内の結束を訴えた。

 総裁選は、国会議員票386票と地方票141票(都道府県連に各3票)の計527票で争われた。得票は麻生氏が351票、与謝野馨経済財政担当相(70)66票、小池百合子元防衛相(56)46票、石原伸晃元政調会長(51)37票、石破茂前防衛相(51)25票だった。無効は2票。 
 国会は29日に新首相の所信表明演説、10月1日から3日まで衆参両院で各党の代表質問を行う。麻生氏は2008年度補正予算案成立が最優先としているが、民主党との協議が不調に終われば早期の衆院解散・総選挙に踏み切る構えだ。自民党は10月14日公示-26日投開票の日程で調整している。

 麻生氏にとって、衆院選で公明党と合わせて過半数を確保できるかどうかが最大の課題となる。また、米証券大手の経営破綻(はたん)に伴う金融不安や事故米の不正転売、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)見直しを含む年金問題などへの対応も厳しく問われる。

 総裁選では、景気対策重視を打ち出した麻生氏が議員票、地方票とも幅広い支持を集めて圧勝した。衆院選の「顔」としての人気に加え、各議員の「勝ち馬」心理も働き、大勝に拍車を掛けた。与謝野氏ら他の4候補もそれぞれ独自色をアピールしたが、候補者乱立で得票が分散したのが響いた。

 福田首相の後継を選ぶ首相指名選挙は24日、衆参両院本会議で行われる。衆院では与党が多数を占めており、麻生氏が指名される。しかし、野党が過半数を占める参院では民主党の小沢一郎代表が指名される見通し。このため、両院協議会を経て、衆院の指名が優先される憲法の規定に基づき麻生氏が新首相に選ばれる。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-22 16:30 | 政治  

<< <民主>渡辺、大江両参院議員を... 「日本嫌い」が大幅増=竹島問題... >>