民主が渡辺、大江参院議員を除名処分 議員辞職を勧告

9月24日10時9分配信 産経新聞

 民主党は24日午前の常任幹事会で、「改革クラブ」結成のために渡辺秀央大江康弘両参院議員が提出していた離党届を受理せず、除籍(除名)処分にすると同時に、議員辞職を勧告することを決めた。鳩山由紀夫幹事長は席上、「比例代表選出の両議員が、選挙後に党を離脱することは有権者に対する背信行為だ」と述べ、渡辺、大江両氏を非難した。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-24 10:09 | 政治  

<< コピー大国ベトナムで売れまくる... ウィン・ティン氏ら釈放 ミャン... >>