自民党破滅へのシナリオ

2008年9月18日12時0分 The Commons 

 こんな自民党を見るのは初めてである。かつての自民党には巧妙なシナリオの書き手がいて、能力の劣る野党とメディアを手のひらに乗せ、しかも当人たちには乗せられている事を気づかせずに思いのままに操るという高等技術を持っていた。
 
 例えば2004年に年金法改正案を成立させた時には、「年金未納問題」をリークして野党とメディアを翻弄し、国民が賛成するはずのない法案に目を向けさせず、未納問題だけに釘付けにすることによって、難しい法案を成立させた。国民が気づいて騒ぎ出したのは法律が施行された翌年である。しかも自民党はその時国民の怒りを利用して菅直人民主党代表を辞任に追い込み、藁にもすがりつきたくなった民主党に「三党合意」を飲ませて消費税導入に引きずり込もうとした。まさに一石三鳥のシナリオであった。
 
 正義派ヅラをして悲憤慷慨する「おバカ」メディアは、年金未納の政治家を非国民のごとくに騒ぎたてた事が、負担が増えて給付が減る年金制度の確立を可能にした事に気がついていない。無論シナリオの存在にも思いは及ばない。それほどのシナリオを書くのが権力であり自民党の凄さであった。
 
 ところがシナリオライターの能力が劣化したのか、或いは複数のシナリオライターが競合して収拾がつかなくなったのか、福田総理辞任後の自民党はやることなすこと全てがおかしい。シナリオのひどさは目を覆うばかりで、これでは自民党を破滅に導くシナリオだと思ってしまう。
 
 以前から安倍前総理の政権投げ出しは自民党が書いたシナリオのせいだと私は言ってきた。国会の召集を意図的に遅らせ、海上給油活動を期限切れにし、海上自衛隊を引き上げさせて、その責任を民主党に負わせようとしたシナリオである。安倍前総理が責任を取って辞任する時に小沢民主党代表の責任論も浮上させて辞任に追い込むのが目的だった。しかし悩んだ安倍前総理がその手前で自爆してしまいシナリオは未完に終った。安倍前総理を辞めさせた後は福田康夫氏を総理に充てる事もシナリオは決めていた。
 
 しかし今回の福田総理の投げ出しは自民党にとって想定外であったようだ。だからその後のシナリオには周到さがない。福田総理は辞任を表明する際、それによって行われる自民党総裁選挙が、代表選挙を行わない民主党に対する「絶妙のタイミング」になると言い訳した。派手な総裁選挙を繰り広げれば自民党が総選挙に勝てるというニュアンスである。シナリオはその言い訳に乗せられた。しかし次の総選挙に勝利などない事を福田総理自身が一番良く知っている。たとえ与党が過半数を制しても再議決は出来なくなり、法案は1本も通らない。自民党はひたすら民主党の足の裏を舐めるしかなくなる。
 
 そんな事をしたくないから福田総理は政権を投げ出した。自分に海上給油法案の再議決と解散総選挙をやらせようとする勢力に抵抗した。もしも自民党にわずかな活路があるとすれば、過半数を取れなかった民主党の小沢氏が代表を辞任したその時に政界再編を仕掛け、参議院の民主党を分断できれば、権力の座にしがみつける可能性がある。しかしそんな事に興味がないから福田総理は政権を投げ出した。小泉氏が意欲を見せる政界再編など「とてもじゃないがやる気にならない」という気持ちだったのではないか。
 
 とにかく福田総理は辞任の理由として「絶妙のタイミング」と言い訳した。そして自民党はやらざるを得ない総裁選挙を衆議院選挙に利用するしか展望は開けないと考え、派手な総裁選挙のシナリオを書き始めた。これが誤りの始まりである。
 
 派手な総裁選挙と言えば小泉純一郎氏が国民を熱狂させた2001年を思い出す。それに引きずられたシナリオが描かれた。しかし2001年と現在とでは政治の構造がまるで違っている。2001年はまだ衆参両院を自公が制していた。いわば自民党一党支配構造の延長にあった。一党支配の時代には自民党総裁選だけが最高権力者を選ぶ選挙で、国民はそれに一喜一憂できた。しかも2001年は田中真紀子・小泉純一郎ペアが野中広務・橋本龍太郎ペアと本気で戦った選挙である。「自民党をぶっ壊す」選挙だったから盛り上がった。
 
 しかし現在は自公が参議院の過半数を失って一党支配構造は崩れた。国民はその事をこの一年肌身で感じてきた。政治を見る目は全く変わった。自民党総裁選だけが最高権力者を選ぶ選挙でない事も感覚で分かっている。その事にシナリオライターは気づいていない。前回のコラムでも書いたが政権交代を繰り返す民主主義国では党首選挙はなるべくやらない。党内の選挙は民主主義とは関係がなく、むしろ分裂を招いて有害だからだ。一党支配の時代は敵は党内にいたが、政権交代の時代には敵は党外にいる。だから現在の総裁選挙は見せかけの出来レースにしかならない。候補者同士が真剣に戦わないで民主党批判ばかりしている。これでは2001年のように盛り上がるはずがない。おまけにシナリオライターは総裁選挙をやる事が「民主的だ」などとピンボケ発言を候補者にさせて、世界に恥をさらしている。
 
 世界の常識通りに自民党は党内にひび割れが起きた。津島派では参議院が与謝野氏なのに衆議院の中堅・若手は石破氏を担いだ。参議院のドンの面子は丸つぶれである。町村派では大勢が麻生氏支持なのに小泉氏が小池支持を公言した。将来の自民党分裂の芽がいよいよはっきりしてきた。小泉構造改革を巡っていずれ自民党は二つに割れる運命にある。
 
 そして問題なのは「政策論争」のお粗末な中身である。北朝鮮情勢はわが国の安全保障戦略の一大転換を促す話である。アメリカも中国もあらゆる可能性を考えながら半島の将来像を模索している。日本にとっては日米同盟の存続に関わり、この地域に日米同盟に代わる枠組みが構築される可能性がある。その重大な時にそれを議論していない。国内では汚染米の話が出てきた。これは国家犯罪と呼ぶべき事件かもしれない。何故汚染米が輸入されそれが食品業者に出回るのか。中国の毒入り餃子を批判するどころの話ではない。アメリカ産牛肉輸入禁止に文句を言われても反論できない話だ。この深刻な問題をどれだけ議論したのか。そしてリーマン・ブラザースの破綻である。景気の先行きは全く不透明。こんな時に経済財政担当大臣が総裁選挙などやっている場合かと言いたくなる。自民党が衆議院選挙をまともに戦おうと思うなら即刻選挙を切り上げ、政治家の仕事に戻るべきだ。1日も早く総裁を決め、直ちに国会を開き、新総理は国連総会を欠席して早期に補正予算を成立させ解散すべきである。シナリオライターは一体何をしているのか。信じられない。
 
 一方で代表選挙が無風になった民主党は次々に強烈な戦術を繰り出している。1つは小沢代表が「刺客」になる戦術。もう1つは国民新党との合併である。小沢代表の「国替え」はもっぱら東京12区の太田公明党代表との戦いと思われているが、私はそれよりも神奈川11区の小泉純一郎氏との戦いをやるべきだと思う。いわば頂上決戦である。まさに天下分け目の関が原になる。選挙は盛り上がること間違いない。その波及効果は計り知れず、国民は民主党に単独過半数を与えるかもしれない。無論小選挙区で小沢代表は負ける。しかし政権交代が果たせれば本望ではないか。退路を断ち政治生命を賭けた戦いが新しい時代を切り開く事になる。また出身地から立候補するという日本の選挙のやり方は議員職を私有財産化し、世襲議員をはびこらせる。小沢代表の「国替え」はそれを終わらせる宣言と受け止めたい。
 
 次に国民新党との合併だが、これは小沢代表が政界再編の主導権を握るための一手である。いずれにしても選挙が終れば民主党は国民新党、社民党と連立を組まざるを得ない。連立よりは合併の方が強力な団結を維持できる。しかも国民新党との合併には平沼赳夫氏らの郵政民営化反対組も参加する可能性があり、自民党が小泉構造改革を巡って割れれば、自民党の反小泉勢力と合体する道が開かれる。その時には民主党内の小泉シンパが小泉氏と連携し、新たな二大政党制に進む事になる。その再編の口火を小沢氏が切ろうとしている。
 
 小泉氏との選挙に敗れれば、総理はもとより議員にもなれず、それで政治が出来るのかと疑問を持たれるかもしれない。しかし議員の身分がなくとも政治を動かすことは出来る。幕末を思い起こしてもらいたい。坂本龍馬は脱藩浪人で藩の仕事に就いて政治にタッチしたわけではない。徳川幕府の政治とも無縁であった。しかし龍馬は日本の政治史上稀に見る大政治家だと私は思っている。彼の「船中八策」や「藩論」を読めば、日本の議会制民主主義の祖である事が分かる。彼の教えが自由民権運動を生み、100年以上も前に日本に議会を開設させた。龍馬こそ日本の近代政治の礎なのである。

小沢氏が何を考えているのか、私には知る由もないが、私の目にはそのようなシナリオが見えている。(田中良紹)


「小池新党」で自民党解体
2008年9月16日14時0分 AERA

「女性初の候補」に注目が集まるのは、当落への興味からだけではない。
間近に迫る政界再編。彼女の背後の人たちが、カギを握っているからだ。
 テレビは、15分前に始まった「福田首相辞任表明」のニュースを伝えていた。
 9月1日午後9時45分。自民党の猪口邦子衆院議員は福田首相の会見が終わると、すぐに小池百合子元防衛相の携帯電話を鳴らした。
「『その時』が来ましたね」
 そう言うと、小池氏はこう答えた。
「ちょっと静かにしていないと……」

「私はボールを待つ」

 しばらくは様子を見る――。これが小池氏の本心だったのではないか。
 本誌5月19日号で対談「山本モナのあなたを知りたい」のゲストとして登場した小池氏は、政治家としてチャンスをとらえる感覚を、ボールゲームにたとえている。
「みんながダンゴになってボールを追っている時は、私はこっちでひとりで待っている。ボールがちゃんと来るのはどこだろうか、来た時にはどうやって蹴り返そうか、そのエネルギーはどうやって蓄えておこうか、と常に考えているんです」
 10日の自民党総裁選告示日。「ボール」を待っていた小池氏は、女性初の総裁候補として名乗りを上げた。

中川「森離れ」の現場

「本命・麻生」で始まった総裁選。小池氏は、4人いる対抗馬の一人でしかない。しかし、自民党のあるベテラン議員は、立候補することに意味があるとみている。
「たとえ総裁選で落選しても、小池には衆院選後にもう一回チャンスがくる」
 そのチャンスを作るのが、今回の総裁選で小池氏を支持する中川秀直元幹事長だ、ということで永田町の見方は一致する。
 9月8日、東京都内のホテルで町村派総会が開かれた。4代続けて総裁を送った結束の固い集団に「異変」が起きた。
「政策集団として対応を縛ったら、国民目線にはかなわない」
 そう話す中川氏を、隣に座っていた森氏が遮った。
「長い!」
「もうすぐやめます」
 中川氏はそう答えながらも、次期総裁候補として、小池氏の名前を挙げた。
 中川氏の話を「長い」と遮った森喜朗元首相はその後、約30分間の大演説をぶった。そして最後に、
「麻生さんにはお世話になっている」
 と麻生氏支持の態度を鮮明にした。中川氏は森氏と長く政治行動を共にし、森内閣で官房長官を務めた。森氏にとっての「側近中の側近」だった。
 中川氏は翌9日の政治資金パーティーでも森氏を批判した。
「派閥の締め付けなんてやったらおしまいだ」
 2人に何があったのか。同派の中堅議員は話す。
「森と中川はもう終わった。中川はいつまでも森の懐刀でいいとは思っていない。トップになりたい。総選挙の結果次第で、中川が小泉(元首相)、小池らを引き連れて党を割り、自民党が分裂する可能性もある」
 小池氏の「衆院選後のチャンス」とは、中川氏が主導する「政界再編」だというのだ。詳細は後述するとして、政界再編は本当に起きるのか。
 自民党の加藤紘一元幹事長は話す。
「総選挙で単独過半数を取れると思っている議員は、党内にはほとんどいない。『せめて比較第一党』です。勝ったとしても衆参のねじれ現象は残るし、負けたら下野。何らかの政界再編は起こらざるをえない、とみんな予感している。私の現場感覚としては、必ず起こります」

会食した「4人目の男」

 左のチャートをご覧いただきたい。政治アナリストの伊藤惇夫氏はこう分析する。
「総選挙で自民党が勝っても民主党が勝っても、遅かれ早かれ政界再編につながる。1、2年のうちに、想定もできない政治構造ができる可能性がある」
 町村派のある議員も、伊藤氏と同じ考えだ。
「自民が負けたら、党分裂。勝つとしても、公明との連立で過半数を維持する程度だろうから、民主党の近い議員を引き抜き始めるだろう。国民新党や平沼赳夫氏のグループもあり得る。その結果次第では、公明との連立を解消することだってあるだろう。今回の首相辞任直前も公明党の要求が多すぎたから、自民党だってそのほうがいい」
 その政界再編の中で、中川氏はどう動くか。
 今年4月、「京都議定書目標達成議員連盟(もくたつ議連)」という議員連盟ができた。メンバーである小泉純一郎元首相、中川氏、小池氏の3人は料亭で会食した。そこには、もう一人出席者がいた。
 民主党の前原誠司元代表。
 ご機嫌だった小泉元首相は、こう言ったという。
「ここには総裁候補が2人もいる」
 その2人とは――。小池氏と前原氏を指していた。
 中川氏が自民党を出て「第三極」を作るなら、総裁選で存在感をさらに膨らませた小池氏は、格好のシンボルとなる。
 裏を返せば、小池氏は、「自分のところにボールが出てくる」と見込んで、じっと待っていたとも考えられる。そんな中川氏主導の「小池新党」を、森氏が黙認するはずがない。
 森氏は4日の晩、町村派の議員に次々と電話をかけていた。その電話で「石原伸晃を支持してほしい」と、自身が支持表明している麻生氏でなく、石原氏の名を挙げたというのだ。

総裁選はイメージ戦略

 周囲の見方は分かれる。
「懇意の石原慎太郎東京都知事から息子への協力を求められたんだろう」
「麻生氏有利のいま、負け方が問題。小池氏が2位となって党内での発言力を増すという事態だけは避けたかったんだろう」
 自民党が総裁選にあたり作ったポスターは、2代続けて政権を放り出した後ろめたさなど、みじんも感じさせない。紙いっぱいに大きな赤い字でこう書かれている。
「政策論争12日間。」
 しかし、総裁選の裏で行われている現実は政策論争ではない。数合わせと義理人情、怨念の世界だ。
 政治アナリストの伊藤氏はそんな自民党の姿勢を批判する。
「政策論争をしたふりをして、政策を軸にした総裁選というイメージを作ろうとしているだけ。国民生活がここまで追い込まれているから、緊急経済政策を作り、補正予算で実現するはずだった。それを無視して総裁選を行った上、補正予算も通さずに選挙へという話になっているのはものすごくおかしい」
 政治評論家の有馬晴海氏は、
「森氏と中川氏の『仲間割れ』もどこまで本当かあやしい。総裁選を盛り上げるためだったのではないか」
 と前置きしてこう批判する。
「自民党が考えていることは、誰を総裁に選ぶかではなく、小沢民主党に勝つために総裁選をどう利用するか、ということ。今何を論じていても、新首相はまた、選挙用にばらまきをやるしかない」
 衆院選後に予想される政界再編。しかし、これまでも、可能性は取り沙汰されても、現実の政界再編が大きなうねりになることは少なかった。
 政治家にとっても、党を割って出る「再編劇」は相当なエネルギーが必要なことだ。
 では、誰が再編の引き金をひくか。

気になる「あの人」

 自民党総裁選が告示された10日。小池氏の出陣式に足を運んだ議員は、何人もの議員から小声で話しかけられた。
「最近見ないけど、どうするつもりだろう。今後は一体どんな動きをするのだろう。何か聞いていないか」
 現時点で党を割る勇気はない。でも「あの人」が流れを作ってくれれば、決断できる、というわけだ。
「あの人」とは、小泉元首相のことだ。
 永田町関係者はこう話す。
「小池氏側が期待するのは、小泉氏が小池氏支援を打ち出し、『反麻生勢力』を結集するシナリオだ。そうなれば、同じ福岡県選出で麻生氏と距離を置く古賀誠氏、山崎拓氏も、陰で力を貸す可能性も捨てきれない」
 小泉、安倍、福田――。最近の自民党議員は総裁選のたびに、勝ち馬に乗ってきた。今回も、小泉氏の動向次第では、小池総裁。または、衆院選後に「小池新党」という雪崩が起き、自民党は崩壊するのだろうか。
 永田町関係者によると、首相退任後、すっかり政治の表舞台に姿を現さない小泉氏がこの夏、麻生氏のことを口にした。01年の総裁選で戦ったあと、小泉氏は自身の内閣で、麻生氏を総務相と外相に任命した。「ポスト福田」と言われている麻生氏について小泉氏は、
「誰のおかげで今日があると思ってんだ」
 と鼻で笑うように、吐き捨てたという。
 小泉氏は11日、武部勤元幹事長が主催する会合に出席し、
「今の時点では誰を推すのかは言えない。時期を見て言ってくださいとせっつかれている」
 と、思わせぶりに話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 12:00 | 政治  

<< <自民党>小沢氏地元に元秘書を... 宇多田、YUKIなど手がけた映... >>