国交相発言「本質ついてる」 橋下知事は擁護論

2008年9月27日10時58分 朝日新聞

 中山国交相の発言に対し、学力調査の結果公開を求めて市町村教委とバトルを繰り広げている橋下徹・大阪府知事は26日、報道陣に「表現方法は賛否両論あると思うが、本質をついているような発言なんじゃないですか」と話した。橋下知事は「(公開には)教員が大騒ぎして大反対している。教員組合が強いかどうかはわからないが、教員が教育の中立性の名の下に府民の声を聞かなかった」などと述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-27 10:58 | 政治  

<< 「人形殺人」メンツ潰した静岡県... 墓穴を深くした自民の麻生選出 >>