中山国交相きょう辞任 「日教組解体」「ゴネ得」発言 衆院選への影響必至

9月28日2時45分配信 産経新聞

 中山成彬国土交通相は27日夜、成田空港反対派住民を「ゴネ得」と批判するなどの失言の責任を取り、辞任する意向を麻生太郎首相に伝えた。28日午前、正式に辞意を表明し、辞任する。「ゴネ得」発言に対し民主党など野党が辞任要求を強める中、中山氏は27日午後、地元・宮崎市で開かれた会合でも「日教組を解体する」と発言し、政府・与党でも辞任を求める声が強まっていた。

 中山氏の「ゴネ得」発言により、内閣支持率が50%前後と伸び悩む麻生新政権への打撃は避けられない。ただ、補正予算案の審議に入れば、野党の攻勢を受けることは確実で、与党執行部では、このままずるずると支持率が低迷するならば、早期に解散を打ち、10月21日公示、11月2日投開票を予定する次期衆院選に向け、態勢を立て直した方が得策との判断に傾いている。

 中山氏もこのような情勢を勘案し、自らが辞任することで事態の悪化を最小限にとどめようと判断したとみられる。

 中山氏は25日の報道各社のインタビューで住民の反対で成田空港の拡張が進まなかったことを挙げ、反対派住民を「ゴネ得」と批判。また、教育行政の正常化を手がけた元文部科学相の立場で「大分県教育委員会の体たらくなんて日教組(が原因)だ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低い」と発言した。

 中山氏は27日午後、地元・宮崎市で開かれた自民党宮崎県連の会合で「日教組は過激な性教育を行い、国旗・国歌も教えず、道徳教育にも反対している。民主党の最大の支持母体である日教組を解体する。ぶっ壊す」と述べ、日教組と全面対決していく考えを強調した。

 さらに会合後、記者団に「日教組は日本の教育の『がん』だ」と語り、開き直ったかのように日教組批判を繰り返した。

 これに対し、野党側は「非常に不見識な軽率な偏った発言だ。国務大臣としての資質と見識を問われる。国交相の責任は任命権者の責任とイコールだ」(小沢一郎民主党代表)などと中山氏だけでなく麻生首相の任命責任を追及する姿勢をみせていた。

 一方、与党内からも「本当に不適切極まりない。とんでもない発言だ」(山口那津男公明党政調会長)との厳しい批判が出ていたほか、自民党幹部も「中山氏は宮崎での発言で、開き直った印象を与えた。辞めざるを得ない」と中山氏を突き放していた。

 中山氏は27日の会合後、「(ポストに)きゅうきゅうとしているわけではないが、地方の道路整備などはやりたい。推移を見守りたい」と語り、辞任を否定していたが、同日夜に東京に戻った際、羽田空港で「自分の出処進退は自分で決める。今晩、女房(中山恭子首相補佐官)と2人でゆっくり相談する」と述べ、辞任を示唆していた。


忠告の直後に“問題発言” 県連幹部もあきらめ顔
9月28日1時6分配信 産経新聞

 「日教組は解体しなきゃいかん」。中山成彬国交相

は辞任の意向を固める前の27日午後に宮崎市で開かれた自民党宮崎県連の会合でも県連幹部から「言葉遣いに気を付けてほしい」と忠告を受けたにもかかわらず、持論を展開した。

 この日の会合は、次期衆院選に向けて県内3小選挙区の公認候補を県連レベルで決める選考委員会。

 冒頭、あいさつしたのは緒嶋雅晃県連会長。中山氏の面前で、「ゴネ得」発言などに触れながら「話題になるのは悪いことではないが、内容が問題だ。選挙の足を引っ張るような発言は慎んでもらいたい」と詰め寄った。

 神妙な面持ちで聞いていた中山氏は、直後にマイクを渡されると「不愉快な思いをさせ、心から謝罪を申し上げたい」と低姿勢であいさつ。だが、唐突に「日教組については私も言いたいことがある」と切り出して熱弁を振るい、「日教組をぶっ壊す運動の先頭に立つ」と述べた。

 会合では、中山氏の宮崎1区での公認を党本部に申請する方針を決めた。その後、空路、東京へ。会合を終えた同県連幹部は「今日も本当は来てほしくなかったんだ…」とつぶやいた。

 羽田空港では、待ち構えていた報道陣に「出処進退は自分で決める。女房(中山恭子首相補佐官)とゆっくり相談する」と、急ぎ足で車に乗り込んだ。その後、辞任の意向を固めたことが明らかになった。


与党、麻生政権の先行き懸念=首相の人選に非難も
9月28日1時2分配信 時事通信

 中山成彬国土交通相が辞任することとなり、与党内では「辞任はやむを得ない」としつつも、麻生政権の先行きや次期衆院選を懸念する声が相次いでいる。自民党内からは中山氏を閣僚に起用した麻生太郎首相を非難する声も出ている。

 同党の山崎派幹部は「首相がなぜこんな人を選んだのか、と国民は思い始めている。これじゃ選挙は戦えない」とこぼした。古賀派の若手議員は「迷惑だ。一生懸命選挙区をまわってもすべて水の泡だ」とあきれた様子。公明党幹部は「(中山氏は)あほとしか言いようがない。辞任は当然だ」と吐き捨てるように語った。


中山国交相辞意 「単なる偏見、当然」日教組など反発強く
9月28日0時18分配信 毎日新聞

 中山成彬国交相が、地元宮崎の会合などで、日本教職員組合(日教組)批判を繰り返した揚げ句、就任から5日で職を放り出す。成田空港整備で地元に「ごね得」との言葉を浴びせ、「日本は単一民族」と北海道ウタリ協会を怒らせ謝罪したにもかかわらず、日教組批判をヒートアップさせて、最後は自民党内外からの更迭論に押しつぶされた。

 あっという間の辞任劇に“身内”の国交省幹部も「自爆そのもの。あきれてものが言えない」と憤る。成田空港の整備の遅れを地元住民の「ごね得」と表現したことなどについて、「閣僚としての自覚が無く、常軌を逸した発言で、政治家としての資質も問われる」と声を荒らげた。また、別の幹部は「日本という国が待ったなしの状況で、地に足を着けてやらなければならない時期に大変残念だ。大臣になる人には公人としての居住まいを正してもらいたい」と、国会答弁を一度もしないままの退場を嘆いた。

 元千葉県成田市長で、県議や衆院議員として成田空港問題に取り組んだ千葉経済大の小川国彦特任教授(75)は「辞任は当然。そもそも、国土交通行政に精通していない人を大臣に選ぶ段階で間違っていた。『ごね得』発言は、成田空港の所管大臣としてたいへん不的確。大臣になって『これから勉強します』では遅い」と厳しく批判した。

 中山国交相は27日、地元で日教組について「『内心に立ち入らない』と言って道徳教育に反対している」などと、以前にも増して批判を展開。「日教組は解体する」「日教組はぶっ壊す」などと厳しく攻撃した。これに対し、日教組中央執行委員の岡島真砂樹・教文局長は「全く悪びれず同じ発言を繰り返した。『日教組の強いところは学力が低い』とはどういうデータの裏付けがあるのか。単なる偏見で、当然辞任すべきだ」と強調していた。

 社民大分県連合顧問の村山富市元首相も「思い込みだけで発言するなど言語道断。『成績が悪い』と決めつけられた子どもたちが傷つくのに考えが及ばぬのか」と憤った。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-28 02:45 | 政治  

<< 中山国交相、27日の主な発言 <長井さん射殺>「カメラ所持者... >>