中山国交相、27日の主な発言

2008年9月28日3時1分 朝日新聞

 中山国交相の27日の自民党宮崎県連の会合での発言と、その後記者団に語った主な内容は次の通り。

 ■「単一民族」

 昨日、アイヌ(民族最大の団体「北海道ウタリ協会」)の加藤忠理事長が来られた。「本当に私はそういうつもりで言ったんじゃない」とおわび申し上げた。「よく分かった」という話があり、握手をして別れた。

 ■「成田『ごね得』」

 千葉県の堂本暁子知事から「成田闘争についてもいろいろあった。でも今は共生の思いでみんな頑張っているんだから、ご理解いただきたい」と言われ、握手して別れた。

 ■日教組批判

 日教組の問題については言いたいことがある。日本では様々な犯罪が起こっている。もうけるためならうそを言ってもいい、子殺しとか親殺しとか、これが日本だろうか。かつての日本人はどこに行ってしまったのか。これは教育に問題があった。特に日教組。全員ではないが、過激な一部が考えられないような行動を取っている。

 教育基本法改正の時も、毎日、何百人という先生が国会議事堂を取り巻いていた。「改悪反対、改悪反対」。いったい先生方、子供たちをどうしたいのか、との思いを強くした。国旗・国歌についても教えない。何より問題なのは、道徳教育に反対していることだ。何とか日教組を解体しなきゃいかん。

 ■「民主党を解体せよ」

 日教組は民主党の最大の支持母体。社保庁(の労働組合)もそうだ。民主党が「政権よこせ」と言っているが、日教組や社保庁という働かなくても給料がもらえる官公労の職員に支援してもらっている民主党が、政権を取ったらどうなるのか。

 私はこれから日教組を解体する。小泉さん流に言えば「日教組をぶっ壊せ」。この運動の先頭に立つ。

 小沢民主党も解体しなければいけない。中には前原(誠司)さんとか岡田(克也)さんみたいに立派な人もいる。しかし、独裁者小沢さんによって、抑えつけられている。これを解体しないといかん。そういう戦いのために私は先頭に立たなければいかんという決意で発言している。

 食品偽装とかあり、賢い消費者というのが求められている。もう一つ、賢い有権者にもならないといけない。この公約は大丈夫か、予算の裏打ちはあるのか、と。今の民主党は公約偽装だ。

 ■記者団に

 日本の教育のがんが日教組。日教組をぶっ壊すために私は火の玉になる。

 (日教組の強いところは学力が低いとの発言は)撤回してない。調べてもらえば分かる。調べてもらいたい。日教組には先鋭な過激な人たちがいる。この人たちが日本の教育をぶっ壊している。

 私の失言というのか、舌っ足らずというのか、言葉はやっぱり大事だから、言葉狩りに遭わないように、十分気をつけないといけない。十分真意が伝わらなかった面があったことについて、申しわけなかった。その点については謝罪した。

 (辞任は)国会審議などに影響があるとなれば、何も地位にきゅうきゅうとしているわけではない。教育改革と、国交相だから地方の格差とか必要な道路を造るとか、そういうことはやりたいな、との思いはある。辞めないんだと言ってしがみついているわけじゃないが、推移を見守りたい。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-28 03:01 | 政治  

<< 日教組批判は「確信犯」=辞任会... 中山国交相きょう辞任 「日教組... >>