<中川財務相>談合で排除勧告の業者が寄付 北海道の支部

9月30日11時50分配信 毎日新聞

 中川昭一財務・金融担当相が支部長を務める自民党北海道11区支部(帯広市)が、05年に鋼鉄製橋梁(きょうりょう)建設工事を巡る談合事件で公正取引委員会から排除勧告を受けた業者から05~07年に計72万円の寄付を受けていたことが分かった。同支部の担当者は「事件が発覚した翌日以降の60万円は返還したい」と話している。

 業者は釧路製作所(本店・札幌市)。道選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書によると、同支部は毎年24万円ずつ寄付を受けていた。【田中裕之】


中川財務相側に献金 橋梁談合で排除勧告の2社
9月30日16時9分配信 産経新聞

 中川昭一財務相兼金融担当相が支部長を務める自民党北海道第11選挙区支部が、国土交通省など発注の鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事の談合事件で公正取引委員会から排除勧告を受けた2社から平成17年9月の勧告後、計70万円の献金を受けていたことが30日、分かった。同支部は「勧告以降の寄付については、全額返還する方向で作業を進めたい」としている。

 同支部の政治資金収支報告書によると、献金していたのは釧路製作所(札幌市)と神戸製鋼所(神戸市)の2社。公取委の勧告は17年9月29日に出されたが、釧路製作所はその翌日に12万円、18年と19年にそれぞれ24万円と計60万円を寄付。神戸製鋼所は17年12月と19年に各5万円を寄付していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-30 11:50 | 政治  

<< 中国人の27%が「コカコーラは... 麻生、玉砕解散へ…「敵前逃亡」... >>