小渕少子化相の自民党支部、処分受けた企業から献金

09/27 01:43 産経新聞

 小渕優子少子化担当相が代表を務める自民党群馬県第5選挙区支部が、防衛庁(現防衛省)や国土交通省、地方自治体から指名停止処分などを受けた6社から、処分後に少なくとも計736万円の献金を受けていたことが26日、分かった。

 同支部は「国民が納得する形で説明できるように返還措置を早急に取りたい」としている。

 同支部の平成15-19年の政治資金収支報告書などによると、献金していたのは防衛施設庁発注工事の官製談合事件で処分された三晃空調(東京都新宿区)とダイダン(本店・大阪市西区)など6社。年に10万-100万円を献金、池野通建(東京都北区)は指名停止処分と同等の措置を受け入札に参加できなかった18年3月にも献金していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-27 01:43 | 政治  

<< 中山国交相 与党内に更迭論強ま... 谷垣氏の京都5区に挑む異色の「... >>