自民2支部が指名停止業者から献金

10月2日8時7分配信 産経新聞

 自民党の県第1選挙区支部(支部長=谷本龍哉衆院議員)と県第2選挙区支部(同石田真敏衆院議員)が、旧防衛施設庁発注工事をめぐる談合事件で防衛省の指名停止処分を受けた建設会社「浅川組」(和歌山市)から、計25万円の献金を受けていたことが1日、わかった。

 政治資金収支報告書や両支部によると、第1支部は同社が指名停止後の平成19年7~12月に6万円、今年1~9月に9万円を受け取っていた。第2支部は19年8月に10万円の献金を受け、20年の献金については現在調査中という。両支部は「指名停止処分は知らなかった」として返還する方針。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-02 08:07 | 政治  

<< 橋下発言で「業務に支障」、光母... 小沢代表 公約工程を“所信表明... >>