自民 厚労・財務省にも指示 「野党から資料要求、事前相談を」

10月2日8時7分配信 産経新聞

 自民党が農林水産省に対し、野党から資料提供要求があった場合には、事前に自民党国対に相談するよう指示していた問題で、厚生労働省と財務省でも同様の指示があったことが1日、分かった。民主党の厚生労働部門会議で、厚労省側が認めた。また直嶋正行政調会長は記者会見で「財務省などいくつかの省庁から似たような話を聞いている」と指摘した。直嶋氏は予算委員会などで追及する考えを示した。

 この問題は、1日の衆院議院運営委員会の理事会でも取り上げられ、民主党の仙谷由人理事が「(麻生太郎首相が)審議充実とか新たな合意形成とか言うなら、資料を出してもらわないと前提が崩れる」と与党側に抗議した。長妻昭政調会長代理は「要求資料が(省庁と)自民党の相談でもみ消されていれば、戦時中の検閲みたいな話にもなりかねない」と批判した。

 一方、自民党の村田吉隆国会対策副委員長は1日の記者会見で省庁に指示したことは認めたうえで「ある議員が膨大に資料要求している。全議員が行うと役所がマヒするのでルールが必要だ。(農水省の汚染米の)資料提供を止めたことはない」と反論した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-02 08:07 | 政治  

<< 橋下発言で「業務に支障」、光母... 小沢代表 公約工程を“所信表明... >>