世田谷の選挙運動員わいせつ:阿部区議の辞職勧告決議案を可決--区議会

2008年10月2日 毎日新聞

 世田谷区議会は1日、女性にわいせつ行為をしたとして、阿部力也区議(45)=区民の会=に対する辞職勧告決議案を全会一致で可決した。女性は昨年11月、損害賠償を求めて東京地裁に提訴し、地裁が先月26日、わいせつ行為を認定して慰謝料など220万円の支払いを阿部区議に命じた。阿部区議は行為を否認し、辞職しない意向で「不当な判決。身の潔白を証明するため戦い抜く」と話した。

 判決などによると、阿部区議は同区議会選挙期間中の昨年4月20日、同区内の自分の選挙事務所で、選挙運動を手伝っていた30代の女性の体を触るなどのわいせつ行為をした。

 阿部区議は1審判決を不服として東京高裁に控訴した。しかし、区議会は「司法による一つの判断が示された」と判断し、辞職勧告を決めた。

 阿部区議は、民主党の小沢一郎代表の秘書などを経て99年に初当選し、現在3期目。民主党員だが、判決後に離党を申し出ている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-02 08:00 | 政治  

<< 小沢代表 公約工程を“所信表明... 麻生首相に解散の気配なし 解散... >>