談合関与企業から献金 金子、野田2閣僚の党支部

10月2日16時23分配信 産経新聞

 金子一義国土交通相と野田聖子消費者行政担当相が代表を務める自民党支部が平成17年から19年にかけ、国土交通省など発注の工事で談合を繰り返したとして公正取引委員会が排除勧告を出した建設会社からそれぞれ計36万円と計21万円の献金を受けていたことが2日、分かった。献金はいずれも排除勧告の後で、金子氏の事務所は「返還するかどうかも含め検討中」、野田氏の事務所は「専門家に相談して対応を検討する」としている。

 献金していたのは、岐阜市の安部日鋼工業(安部工業所から社名変更)。収支報告書によると、同社は17年から19年にかけて金子氏が代表を務める自民党岐阜県第4選挙区支部に対し、年間12万円を献金。17年には野田氏が代表を務める自民党岐阜県第1選挙区支部に12万円、19年に自民党岐阜県衆議院支部に9万円を献金していた。

 同社は近畿地方整備局や福島県が発注した橋梁工事で、ほかの22社と談合を繰り返したとして、公取委が16年10月、独禁法違反で排除勧告していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-02 16:23 | 政治  

<< 自民国対指示「まるで独裁国」=... 日経平均大幅反落、終値1万11... >>