首相批判の米紙に反論投稿=日本政府

10月3日8時53分配信 時事通信

 【ニューヨーク2日時事】日本政府は1日、麻生太郎首相を「旧日本軍の残虐行為を正当化し中韓両国との関係を損ねた人物」と社説で論評した米紙ニューヨーク・タイムズに反論を投稿した。外交筋が2日明らかにした。「首相は外相時代、両国との関係増進に貢献した」などとして、社説の「事実誤認」を指摘しているという。

【関連記事】
「豚に口紅」NYタイムズが自民総裁選を酷評 (2008年9月18日)
NYタイムズ 「中国と協調姿勢を」 社説で麻生首相に“進言” (2008年9月26日)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-03 08:53 | 政治  

<< NYタイムズ、6日付から紙面統... 衆院選「11月2日投開票」先送... >>