衆院選「11月2日投開票」先送り 補正審議ずれ込む 解散16日以降

10月3日8時40分配信 産経新聞

 自民、公明両党は2日、衆院予算委員会理事会で平成20年度補正予算案の審議を6~8日に行い、8日に衆院通過させる日程案を提示した。野党側は6、7両日の審議は了承したが、8日については回答を留保した。衆院通過が8日以降になれば、参院審議開始は14日以降にずれ込むことは確実で、これまで有力視されていた「10月21日公示、11月2日投開票」での次期衆院選実施は困難な情勢となった。

 与党は当初、補正予算案を6、7両日に衆院で、8、9両日に参院で審議し、9日に成立させる方針だったが、民主党は1日、「9日解散の確約がなければ応じない」と拒否した。

 与党の代替案で与野党が合意すれば、担当閣僚の中川昭一財務相兼金融担当相が10日に米国・ワシントンで開かれる先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に出席することもあり、参院審議は14日以降にずれ込む。

 こうなると、解散は早くても10月16日以降となり、10月21日の衆院選公示は不可能となる。衆院選は早くても「10月28日公示、11月9日投開票」か「11月4日公示、16日投開票」となる可能性が出てきた。自民党内には米国発の国際的な金融危機を受けて、第2次補正予算の編成を求める声が強まっており、衆院選はさらに先送りされる可能性もある。

 麻生太郎首相は2日夜、首相官邸で記者団の質問に応じ、「補正予算は成立させる。ぜひ成立させてもらわないかんね。悪いけど解散の『か』の字も私から聞いた人はいないと思いますよ」と述べた。

 首相は2日の参院本会議の各党代表質問への答弁でも「衆院解散という政局より景気対策などの政策の実現を優先したい」と述べ、平成20年度補正予算案に加え、インド洋での海上自衛隊の補給活動を1年間延長する新テロ対策特別措置法改正案や消費者庁設置関連3法案の成立を目指す姿勢を重ねて強調した。民主党の輿石東参院議員会長の質問に答えた。

 輿石氏は「いたずらに補正予算の審議を引き延ばし、妨害しようとは考えていない」と述べ、早期の「話し合い解散」を要求したが、首相は解散に言及せず「早急に(補正予算案への)結論も出してほしい」と訴えた。

 また、首相は、1日の衆院代表質問で民主党の小沢一郎代表が首相の「逆質問」に応じなかったことについて「誠に残念だ。予算委員会で小沢氏と議論し、国民の前で違いをお見せできることを期待する」と述べ、党首対決に意欲を示した。代表質問は3日も参院で行われる。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-03 08:40 | 政治  

<< 首相批判の米紙に反論投稿=日本政府 拉致解決に強い決意 麻生首相、... >>