首相3億6880万、小沢氏1億4608万…政治資金

10月3日5時13分配信 読売新聞

 2007年に政党や政治団体が集めた政治資金の総額(中央分と地方分の合計)が2日、読売新聞社の集計で明らかになった。次期衆院選で対決する麻生首相と小沢民主党代表の資金力を比べてみると、首相は3億6880万円、小沢氏は1億4608万円だった。

 両氏の政治資金は9月12日発表の中央分では拮抗(きっこう)していたが、地方分で首相が差を付け、2・5倍の開きとなった。首相が集めた政治資金は、前年より2731万円増えた。07年は、首相が自民党総裁選に出馬するなど存在感を高めていた時期で、政治資金集めにも反映された格好だ。

 07年分の政治資金総額は、都道府県選挙管理委員会所管の地方分と総務相所管の中央分を集計した。首相と小沢氏の比較は両氏の事務所が確認した関連団体の収入を集計し、団体間の資金移動は除外した。

 首相は資金管理団体「素淮会(そわいかい)」、政党支部の「自民党福岡県第8選挙区支部」など16団体を通じ、政治資金を集めた。収入の75%にあたる2億7755万円がパーティーなどの事業収入だった。企業・団体献金も3450万円で、幅広い業種から資金を集めた。

 小沢氏は資金管理団体「陸山会」、「民主党岩手県第4区総支部」など19団体(07年解散分を含む)を通じて集金し、企業・団体献金は3074万円だった。前年より5616万円減少したが、繰り越し分を含めると総額4億9405万円で、首相の4億5308万円を上回った。

 ◆07年の政治資金総額、4年ぶりに増加◆

 07年の政治資金の収入総額は2866億3900万円で、前年比171億2100万円(6%)増え、4年ぶりに増加に転じた。支出総額は3082億900万円で前年比23%増。07年は統一地方選と参院選の両方が行われたが、過去10年では大型選挙のなかった06年に次ぐ低水準だった。

 主要政党の収入は、〈1〉自民党(681億600万円)〈2〉共産党(577億2800万円)〈3〉公明党(272億3300万円)〈4〉民主党(257億3900万円)〈5〉社民党(39億4200万円)〈6〉国民新党(24億4200万円)〈7〉新党日本(2億1600万円)--の順だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-03 05:13 | 政治  

<< タレント崔真実さん自殺、悪質デ... <万引き>愛媛新聞の女性記者を... >>