<次期衆院選>郵政造反組ら14人で「平沼グループ」

10月4日20時20分配信 毎日新聞

 平沼赳夫元経済産業相(無所属)は4日、岡山県津山市で講演し、次期衆院選について、前回選(05年)で郵政民営化に反対し落選した元職5人や元国会議員秘書、県議ら計14人で“平沼グループ”を結成、全員が選挙に立候補することを明らかにした。衆院解散後に公約などを発表し、選挙後の新党結成などを視野に入れ行動するという。

 平沼氏によると、改革クラブの議員らから新党結成の打診があった。しかし、後援会幹部や他のメンバーから「保守系無所属で頑張ってほしい」と懇願され、改革クラブとの合流は断念したという。


平沼氏、衆院選前の新党断念=保守系グループ結成へ
10月4日21時53分配信 時事通信

 無所属の平沼赳夫元経済産業相は4日、岡山県津山市で開いた後援会の会合で、郵政造反組の前議員らとともに保守系の政策グループを結成する考えを明らかにした。これまで意欲を示していた衆院選前の新党結成は断念し、より緩やかなグループとして衆院選に臨むことにした。
 城内実、田中英夫両氏ら前回衆院選で落選した郵政造反組5人のほか、次期衆院選に立候補する新人8人が参加する予定で、衆院解散後に発足させる。名称は「平沼グループ」が検討されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-04 20:20 | 政治  

<< 中国当局、弁護士のメラミン被害... 衆院選出馬なら県民失望=民主・鳩山氏 >>