土屋義彦氏が死去 参院議長、埼玉知事など歴任

10月7日8時5分配信 産経新聞

 元参院議長で元埼玉県知事、土屋義彦(つちや・よしひこ)氏が5日午前0時半、多臓器不全のため死去した。82歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、栞(しおり)さん。

 土屋氏は、埼玉県議を経て、昭和40年から参院議員。昭和63年に参院議長に就任した。5期目の途中で辞任し、平成4年の埼玉県知事選に出馬し当選、3期11年を務めた。

 県知事時代には、日韓ワールドカップが行われた「埼玉スタジアム2002」を建設したほか、さいたま新都心の整備に尽力。全国知事会会長も務めた。

 平成15年7月、自らの資金管理団体の収支報告書に虚偽の記載があったとして、東京地検特捜部に政治資金規正法違反容疑で実質的な会計責任者だった長女が逮捕され、引責辞任した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-07 08:05 | 政治  

<< <タイ警察>国会封鎖のデモ強制... 「新冷戦」なのか: 露の繁栄 ... >>