首相「週刊誌の読み過ぎ」=矢野氏問題で公明揺さぶり-国民新・亀井氏

2008/10/07-21:52 時事通信

 国民新党の亀井静香代表代行は7日の衆院予算委員会で、矢野絢也元公明党委員長が言論活動を妨害されたとして創価学会や学会幹部を提訴している問題を取り上げたが、麻生太郎首相は「週刊誌の読み過ぎ」などとかわした。

 亀井氏は、矢野氏の発言として「創価学会が宗教施設を使って選挙活動をしていた」と指摘。さらに、矢野氏が幹部に活動を妨害されたとしていることに関し、最高実力者の池田大作名誉会長が会員に説いた言葉を紹介して「幹部は親の心子知らずというか暴走したのではないか」などとただした。 

 亀井氏には次期衆院選をにらみ、自民党候補を支援する学会を揺さぶる狙いがあったようだが、首相は「公明党の推薦をわたしは受けていないので、公明党と創価学会の話はぴんと響かない」と取り合わなかった。公明党の斉藤鉄夫環境相は静かな口調で「国政の場をまさに政局に利用しようとしている」と反論した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-07 21:52 | 政治  

<< <タイ>デモ隊が警官と再衝突 ... 東国原、未練タラタラ「出馬見送... >>