野党、「政教分離」で公明に圧力 「矢野氏招致」へ準備

2008年10月8日0時43分 朝日新聞

 民主党の菅直人、国民新党の亀井静香の両代表代行が、7日の衆院予算委員会で政教分離の問題を取り上げた。両党は衆院解散が先延ばしされるなら、公明党の支持母体・創価学会の施設が選挙活動の拠点になっていると指摘してきた矢野絢也・元同党委員長の国会招致を正式に要求し、公明党を揺さぶる考えだ。

 「90年にオウム真理教の麻原氏(=松本智津夫死刑囚)を党首とする真理党が結成され、25人が立候補した。多数を占め、政治権力を使って教えを広めようとしたら、憲法20条の政教分離の原則に反すると考えるがどうか」

 菅氏は政教分離の原則に反するケースを問い、内閣法制局長官から「違憲」との答えを引き出した。首相も「私もそう思う」と応じた。

 さらに亀井氏が「自民党の最大の支持母体は創価学会。免税措置を受けている宗教施設が、そういう形で使われることはあってはならない」と述べると、緊張感が漂った。

 首相は「週刊誌の読まれ過ぎかな」とかわしたが、前公明党政調会長の斉藤環境相は「政局絡みに利用しようという話だ」と抗弁した。

 菅、亀井両氏のこの日の質問は、矢野氏招致に向けた布石といえる。亀井氏は95年、参院が創価学会の秋谷栄之助会長(当時)を参考人招致した際、自民党幹部として旗を振った一人だった。

 予算委員会の終了後、亀井氏は「矢野さんの一方的な話ではしょうがない。学会側の話も聞くことも含めて公平にやっていく必要がある」と記者団に語り、矢野氏招致が実現すれば、創価学会幹部の招致も求める考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-08 00:43 | 政治  

<< NHK、5歌手の出演見合わせ ... <タイ>デモ隊が警官と再衝突 ... >>