新銀行追加出資で民主がヒアリング 東京

10月10日8時6分配信 産経新聞

 都が400億円を追加出資した経営再建中の新銀行東京について、民主党金融対策チームが9日、都議会で都幹部からヒアリングを行った。

 対策チームの大塚耕平参院議員は都産業労働局金融監理室長に、経営再建のために金融庁の検査結果の開示を求めるよう迫ったが、都側は「株主の立場」を強調し、消極的な姿勢を見せた。大塚参院議員はヒアリング後、「都が経営監視することが400億追加出資の条件だったが、まったく経営監視をする意欲が感じられなかった。不安と不信感を持たざるを得ない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-10 08:06 | 政治  

<< 石綿ビル解体時、申請怠った疑い... 国交省 空港外資規制を断念 株... >>