菅氏「政治と宗教の集中審議を」

10月10日8時6分配信 産経新聞

 民主党の菅直人代表代行は9日の記者会見で、政教分離を定めた憲法20条について、公明党と創価学会を念頭に「必要なら関係者を交えた集中審議を行うのも一つの考え方だ」と述べた。そのうえで「(内閣)法制局は、宗教団体と政党の関係が同一人格であれば政治権力を使っての布教は違憲になると答弁している。同一人格かどうかは形式だけでは分からない。もし、宗教団体が政党の代表(の人事)を決めているなら、その政党は宗教団体と同一ということになる」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-10 08:06 | 政治  

<< 石綿ビル解体時、申請怠った疑い... 国交省 空港外資規制を断念 株... >>