<爆発物か>創価学会施設のドアガラス割れる 徳島

10月13日20時21分配信 毎日新聞

 13日午前8時半ごろ、徳島市南沖洲5の創価学会徳島文化会館で、正面入り口のドアガラスが割れるなどしているのを出勤した女性職員が見つけた。爆発物の破片らしいものが散乱しており、徳島県警は建造物損壊事件とみて捜査している。けが人はなかった。

 調べでは、ドア(縦約2.3メートル、横約90センチ)の取っ手付近のガラスに拳大の穴が2カ所開き、割れたガラスの一部が建物内部に飛散。アルミ製のドア枠がへこんでいた。徳島東署などは取っ手近くに爆発物が仕掛けられた可能性があるとみている。

 会館は12日午後11時ごろに職員が帰宅した後は無人だった。13日午前4時半ごろ、付近住民が「ドーン」という爆発音を聞いており、県警は事件との関連を調べている。創価学会などによると、犯行声明や脅迫文は届いていないという。【井上卓也】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-13 20:21 | 社会  

<< 首相がポスター撮影=解散間近?憶測も ロシア大富豪25人、株暴落で資... >>